明るい社会づくり運動とは

    提唱理念・歩み

    会長挨拶・歴代会長紹介

    役員一覧

    私たちの運動方針

    事業報告・事業計画・定款

私たちの行動方針
  • あったかい
  • ほっとけない
  • ゆずりあい
  • ささえあい
  • まもりたい
まもりたい
34年目を迎える「ノーポイ運動創作品展示会」

 埼玉東部明社協議会は昭和51年8月、武正会長の提案により「見捨てればゴミ、見直せば資源」をスローガンとして下記の趣旨で第1回「ノーポイ運動創作品展示会」を開催し、今年(平成21年)で34回目を迎えます。
 1. 環境美化・省エネ・資源保護・資源再利用の心
 2. 子どもたちの独創性のある作品づくり(親子合作可)
 3. 使用する材料は見捨てればゴミ(廃材・廃棄物等)
 毎年、夏休み最後の1週間の恒例行事として展示される情景は、まさに圧巻です。

34年目を迎える「ノーポイ運動創作品展示会」
詳しい情報を見る
大東市の川をキレイに!

 大東フレンド・フォーラムは「谷田川にホタルを飛ばそう!」を合言葉に活動しています。この川はありとあらゆるゴミの集積場と化していました。
 「もし、川にホタルが飛ぶようになれば、川沿いに住む人たちにも感心をもってもらえるのではないか」と、ホタルの育成活動が企画され始まりました。
 昨年(平成20年)、数は少ないのですが、ホタルの発生が確認できました。ホタルが乱舞する情景を目指して、息の長い活動を行っていきたいと思っています。

大東市の川をキレイに!
詳しい情報を見る
リサイクル活動・エコキャンパス

 下松明社は平成10年からリサイクル活動を開始。今年(平成21年)で11年目になります。環境保護活動の促進ということで市役所から助成金をいただき、「下松明社リサイクルステーション」を開設。いつでも、だれでも利用できる場所として、大変感謝されています。
 また、リサイクル活動の収益金や助成金で子どもたちを対象に「キッズリサイクルフェアー(エコキャンパス)」を開催して、地球環境の大切さを指導するまでになりました。

リサイクル活動・エコキャンパス
詳しい情報を見る
ホーム明るい社会づくり運動とは私たちの運動方針 → まもりたい
Page UP▲